勤務形態を選べる看護師

看護師と言っても、その働いている勤務形態はいろいろあるものです。
例えば、常勤で働く看護師もいれば、パートで日勤だけ、またはパートで夜勤だけと働く看護師もいます。
そういう勤務形態に加え、最近では、健診時のみに活躍する看護師、旅行に添乗する看護師など、単発アルバイトで活躍する看護師も増えています。
例えば、普段は育児中で働けないが、今日は子供を見てくれる人がいるので、その日だけ働いたり、継続しての勤務が難しい方などは、単発アルバイトで育児と両立したりする方もいます。
なかなか馴染めないと不安で、単発アルバイトを何回かしながら、自分に合っているとわかったので継続勤務を希望したという方もいます。
このように、看護師の仕事は自分の生活スタイルに応じた働き方がありますので、せっかく資格があるのなら、活かしてほしいですね。

看護師転職の状況

最近の日本の求職者において見られる傾向として、看護師の資格を取り、転職する人が増えています。
その理由として、高齢化社会が進む日本においては、看護師はとても重要な存在であり、看護師という仕事は、資格さえ持っていれば、就職に困ることがないということにあるようです。
看護師不足の現状からみて、医療機関は、やはり経験のある看護師を必要としています。
しかし雇用側の視点においては、看護師を選んでいる余裕はなく、即戦力にはならなくても、看護師としての資格があれば採用するという病院も少なくありません。

職場でリフレッシュする方法

営業職の人に比べ、職場にいても人と話す機会も少なく、黙々と自分の仕事をこなすだけの日々が続くことが多いのが事務職です。
仕事中の私語は厳禁ですし、周りも同じように仕事をこなしている人ばかりであっては、勤務中であっても少しのリフレッシュが必要でしょう。
ちょっとした息抜きがないと午後からの仕事は眠くなってしまいますし、息苦しくも感じてしまうものです。
程よいリフレッシュはストレス解消にもなりますし、また仕事の効率も良くしてくれます。
オフィスであれば息抜きのスペースはあまりないですが、トイレで少し休んだり、窓から外の景色を眺めてみたりするのもいいでしょう。
また、お昼の休憩時に歯磨きをするのもいいです。
口の中がスッキリして脳が冴えますし、口の中に残るミントが清々しく、リフレッシュにもなります。
長時間でなくても、数分でできる息抜きを考えておくと気分も楽ですし、また仕事がうまくいかない時のイライラ防止にもなっていいでしょう。

関連記事一覧

保健師の転職情報ならこちらが便利。かなり詳しく書かれています。

保健師求人ガイドへ

横浜に住んでるなら便利な病院。様々な科があって重宝します。
横浜市民病院へ